NHKを中心に携わる番組制作会社です。

スペシャル

スタッフ・インタビュー2019 ③

2019年5月7日 16:00

2019年版スタッフ・インタビュー3人目です!

今回は、入社して半年でディレクターデビューした入社4年目の森澤千洋さんです!
WEB動画から、テレビの番組制作まで様々な経験をしている森澤さんに
入社した理由や現在の仕事内容、印象に残っていることなど聞いてみました!

――森澤さんは現在4年目だそうですが、入社した経緯から聞かせてください。

中学生くらいから、将来はテレビの仕事をしたいと思っていました。私は長野の田舎出身で、
テレビを見るか蛇をいじめるか、みたいな生活をしていたので……(笑)。大学もメディア系の
学部に進んで、就活で受けたのもテレビ系の会社だけ。
スーパー・ブレーンNEXに惹かれたのは、説明会に、仕事のことをすごく楽しそうに話す社員
の方がいたからでした。「こんな人と働けたらいいな!」って思ったんです。

――入社後は半年ほどADをして、1年目の夏にはディレクターデビューしたそうですね。

広報のミニ番組をやらせてもらったあと、ライブ配信サービス・生テレの番組でディレクター
を担当していました。若手にもチャンスをくれる会社なんです。
生テレの番組では、「フェアリーズなんです!!!!!」(ダンスボーカルグループ・フェアリーズ
の冠番組)が特に思い出深いですね。「ザ・バラエティなことをやりたい!」というメンバー
さんのリクエストに応えて、"箱の中身はなんだろな"と"ゴムパッチン"をやった回とか、楽し
かったなぁ。SNSに「神回」と投稿してくれた視聴者さんもいて、すごくうれしかったです。
それ以来、この番組ではゴムパッチンが恒例になりました(笑)。

――「生テレ」は生放送ですよね。収録モノでは、どんな業務をしてきたのでしょう?

女性向けエクササイズ動画メディア「Spolay」と、暮らしに関する情報を届ける動画メディア
「LYKKE(現:Onnela)」で、ディレクターをしていました。
「Spolay」で印象に残っているのは、女優の森田紗英さんが「HIIT」というハードなトレーニ
ングに挑戦した動画。森田さんが疲れ果てて笑っているカットを入れたら、上司に「いらなく
ない?」と言われたんですが、抵抗して残させてもらいました。情報性ゼロのカットなんです
けど、出演者のかわいさを見せたかったので!
何か言われても、「私はこう思います」って一度は抵抗するのがポリシーなんです(笑)。

――「LYKKE」のほうは、どんなことが印象に残っていますか?

私自身ずぼらなので、ずぼらな人でもギリギリ実践できそうなライフハックを選んで動画にし
ていたんですが、それがハマったのか、いつも良い再生数を稼ぐことができました。
ディレクターとしてある程度の信用を作ることができて、そのおかげで企画がより通りやすく
なる――という良いサイクルが生まれて、手応えがありましたね。「Spolay」も「LYKKE」も
ディレクターとして自由に挑戦させてもらえたので、とても良い経験になりました。

――現在は、どんな業務を担当しているのでしょう?

4月から始まった「NHK高校講座 ビジネス基礎」でディレクターをしています。
経済やビジネスを学ぶ番組なんですが、私自身も知らないことが多いので勉強の日々です。
この番組は、やることが多いんですよ!尺としては10分ですけど、ドラマ、アニメ、ロケの
3パートがあるんです。ドラマの構成を書いて、役者さんや技術さんと一緒に演技を付けて
アニメの絵コンテを切って、アニメ会社に発注して……。
ロケ先になる企業さんの仕込み、ロケ当日の仕切り、編集、MAなどなど、いままでで一番
大変かもしれませんね。早く慣れたいです!

――その大変な中で、おもしろい部分などはありますか?

ロケでいろんな人と会えるのが、めちゃくちゃ楽しいです!たとえば、リニアモーターカーを
50年前から研究してきた方の取材とか。普通に生きていたら、会えない人ですよね。
リニアの開発で苦労したことを質問したら、「苦労っていう苦労はないなぁ」と言われたん
ですけど、帰り際に模型のそばを通ったら……「これ、すごい大変だったんだよ!」って語り
出してくれて、おもしろかったなぁ。そのまま戻って撮り直しました(笑)。
次の日には、「ありがとうございました。リニアの知識が広がるとうれしいです」というメー
ルもいただけて。取材のお礼にNHKの記念品を渡したんですが、その写真が添付されていて、
かわいかったです(笑)。そういうつながりが、私は好きですね。
人と関わること、人を撮ることが好きなんだと思います。

――では、今後も人を撮っていきたい?

そうですね。「LYKKE」で"モノを撮るおもしろさ"を知ったんですけど、やっぱり人を撮るの
がいちばん楽しいです。リニアの研究をしてきた方の取材も、「フェアリーズなんです!!!!!」
の神回も、人にしか起こせないハプニングがおもしろかったので。こっちの想定を超えられた
瞬間が楽しいですね。でも、いまは今後のことを考えるより、「ビジネス基礎」に慣れたいで
す!技術スタッフを連れてのロケとか、ナレーション録りとか、テレビ番組に必要な工程をま
るごと担当するのが初めてなので。まだ不安があり、上司に従いまくっています。
早く、どんな番組をやってもダメ出しされないくらいのディレクターになりたいです。
「ビジネス基礎」でも、早く上司に抵抗できるようになりたい(笑)。

このページの先頭へ